残された家と土地どうしますか?

不動産の困りごと

こんにちは、共栄土地開発の加藤です。
不動産をお持ちの方でこんな困りごとはございませんか?

1、相続で家と土地を貰ったが......

■処分若しくは、そのまま活用したいんだがどうしたら良いか?
■売却したらいくらになるだろうか?
■名義は父のままだが売却する為には何をした良いだろうか?
■父が賃貸で貸している借家が有るが、土地を処分したいとき何をすれば良いの?

時々当社に、お電話で土地の相場は幾らになりますか?とかお問い合わせを頂きますが不動産を売却する際には、価格に重要な要件が必要となる場合が有りますので、物件や内容を見てから査定するのが本来の価格と言えます。下記に列記しているのは不動産では重要なことがらをほんの一部列記して見ました。

①所有者の確認
②境界杭の確認や越境物
③登記簿面積と実測の違い
④地盤地質の状況
⑤公道の幅員や後退要件
⑥都市計画区域や制限の有無
⑦瑕疵の有無
⑧土地の形状や高低差
⑨設備の有無(上下水道など)
⑩立地や環境
⑪ETC……..

と、様々なことを調査して、初めて価格が決定致します。例えば、隣の土地(100坪)が坪単価20万で売れたのだから、私の土地も同じ価格で売れるだろう!と思ったら、土留め工事をしないと利用できない土地だった場合、残念ながら土留め工事代金分を価格から差引かないと売れないことが有ります、査定が高い方に依頼しても、結果的には値段を下げて売却することになってしまいます。

当社では、手持ちの不動産をどうしたら良いのかを、お客様にアドバイスしながらご相談させていただいております。当然ご相談は無料です。(^^)